読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジティブとネガティブ

突然ですが、ポジティブとネガティブについて書いてみたいと思います。

 

ポジティブ:

・メリット重視、獲得

・未来に期待を持つ、今より良くなると考える

・どんどん行動する、考えが浅くなりがち

・チャンスに気付きやすくなる、攻めの姿勢

ネガティブ:

・デメリット重視、保持

・未来に期待しない、今より悪くなると考える

・時間が許す限り考える、行動を先延ばしにする

・リスクに気付きやすくなる、守りの姿勢

 

これを読む皆さんは、どちらがよりビジネスで成功すると思いますか?

 

ポジティブな人はフットワークが軽いですが、ネガティブな人は腰が重いです。

何故なら、行動で何かを得られると考えるか、行動で何かを失うと考えるか、の違いだからです。

人間には、裏表があります。完全にポジティブだけ、完全にネガティブだけ、という人は、実際はどれだけいるでしょうか。バランスが大事だと言いますから、成功している人は両方の側面をしっかり考えて決断します。

 

例えば、100万円を投資すれば50%の確率で200万円を得られ、50%の確率で0万円を得られるというビジネスがあるとします。

ポジティブな人は、1回挑戦して1回成功すれば得をすると考えます。

ネガティブな人は、1回挑戦して1回失敗すれば損をすると考えます。

どちらが正しいでしょうか?

実は、どちらも正しいのです。確率論では、正解は出ません。

では、100万円が何のお金かと、考えます。100万円が来月の支払いの為に払うお金だとしましょう。この100万円を失うと、会社が不渡りを起こして信用を失うお金です。この場合には、ネガティブの人が正しくなります。

では、この100万円が宝くじで当たったけど使い道のないお金だとします。この場合だと、ネガティブの人の言い分は、チャンスを逃します。もしかすれば、50%の確率で+100万円、50%の確率で-100万円であるので、期待値は±0万円です。確かに50%の確率で宝くじに当たった100万円を失ってしまいますが、元々使い道の無いお金です。成功しても使い道の無いお金が2倍に増えるだけで、嬉しいかどうかはわかりませんが。

ネガティブな人は、とにかく話が長くなりがちです。ポジティブな人は、とにかくやってみよう!という行動主義になりやすいです。片方に偏ると、絶対に偉くなれません。

本当のビジネスの成功者は、投資する時は徹底的にリスクを引き受けますが、成功した後は無駄な事にお金を使いません。1円、1ドル、1セント、徹底的に倹約します。ポジティブとネガティブの両方をいいとこ取りして、成功します。

 

最初に、ポジティブとネガティブと、どっちが成功するかと質問しました。でも、どうですか?ビジネスに厳しい人は、無駄な出資にはとてもネガティブで、成功に必要な出資はどんな反対も押しのけて投資します。正解は、両方が大事なのです。